肥後銀行の利点と特徴

肥後銀行のATM

肥後銀行に限らず、九州の地方銀行ATMは互換性が高いことが最大のメリットです。九州ATMネットワークに加盟している地方銀行はATMを自由に利用することができ、肥後銀行もそのネットワークの一員です。そのため肥後銀行のATMそのものの数や設置範囲と関係なく、九州全域で使えます。インターネットバンキングが普及してきているとはいえ、ATMの利便性はまだまだ健在です。というのもATMはカードローンの借入と返済に活用されるのです。

肥後銀行のキャッシュカードであるハモニカカードを利用しているとATMの必要性がとても高くなります。ATMを利用して預金の引出しと預け入れをおこなう以外に、バックアップローンというカードローンの借入と返済をおこなうようになるからです。そのため自宅近くのATMの位置や数を確認しておくと万が一のときにも便利に利用することができます。地方銀行など提携している金融機関のATM以外に、コンビニATMも利用することができます。

銀行ATMは互換性の高さ以外に利用手数料も非常に重要です。というのも振込にかかる手数料はだいたい地方銀行で最大540円となっており、月に2回他行宛て3万円以上の振込をおこなうと手数料だけで1000円を超えてしまいます。さらに銀行のホームページではATMの利用手数料108円などと書かれていますが、実際は別途で振込手数料最大486円がかかるため、思ったより手数料が高かくてビックリということもあります。

ATMの手数料を安くするには、ポイントサービスの特典で時間外利用手数料無料にしたり、バンキングサービスを利用する、他行カードで取引しないなどの手段が有効です。通帳や現金での取引は手数料が高くつくので注意です。それでも高くなってしまう場合は、手数料の安いセブン銀行などのネットバンクに普段使いの口座を作って振込をおこない、肥後銀行は定期預金のみの利用などとする手段が便利です。

CONTENTS

Template Design ホームページテンプレートfree way