肥後銀行の利点と特徴

肥後銀行のローン審査

ローン審査が厳しいと書きましたが、実際のところ金融機関や消費者金融での審査内容は公にされません。そのため審査に落ちてしまっても、なにが原因なのか分からないため対応のしようがなく、別の金融機関でも審査に落ちてしまうということがとても多いです。とはいえだいたいこういったことが審査基準になるという項目はあります。それらの項目をクリアすれば、審査に受かる可能性は飛躍的にアップします。

ローン審査では、銀行は個人信用情報機関に審査申し込み者の個人情報を問い合わせます。たとえば過去の融資の実績です。カードローンや住宅ローン、オートローンなどのローン商品をどこでどれくらい借りたか、その返済状況なども調べるのです。たとえば肥後銀行で住宅ローンを借りるために審査を受ける場合、肥後銀行以外の金融機関で借りたローンの情報も詳らかにされます。信用情報機関の情報は各金融機関で共有できるのです。そのため過去にローンの延滞や破産したことがあると、審査で不利になります。

ローンではありませんが、クレジットカードの利用履歴が調べられるという情報もあります。クレジットカードは後払い形式であるため、口座にお金がないと返済ができなくなります。そのため返済延滞の過去があると、収入が不安定とみなされて返済能力がないとされてしまう可能性があるのです。金融機関にとって返済延滞は重大なリスクとしているので、たとえ安定した収入があっても審査に落ちてしまうかもしれません。

それから意外と知られていないのが、利用目的などよりも勤続年数や居住年数のほうが審査に影響するということです。理由は不明ですが、少なくとも2年か3年以上の年数だと審査に有利といわれています。さらにカードローン審査より借入限度額が大きい住宅ローン審査のほうが審査が厳しいため、より慎重に審査に備える必要があります。とくに肥後銀行は住宅ローンの利用条件が厳しいため、準備は万全にしていきましょう。

CONTENTS

Template Design ホームページテンプレートfree way